このサイズが便利!オフィスで使用する名刺入れ

オフィスでの名刺入れは水濡れに強いものにする

名刺交換をするのは、屋内がメインだと思います。自社で行うこともあれば、相手の会社、イベントの会場などです。それ以外にも、屋外において行うこともあります。どこかで待ち合わせをして、会ってすぐに交換をする場合などです。晴れていることが多いと思いますが、雨のこともあります。雨であれば、せっかくの名刺が濡れてしまいます。相手の名刺も濡らせてしまうことになります。気をつけながら交換をしなければならないでしょう。

雨で濡れることがありますが、それ以外においても濡れる可能性はあります。テーブルについて話をするとき、お茶を出されることがあります。気をつけながら話をするのですが、ついうっかりお茶をこぼしてしまうことがあります。自分がしてしまうこともあれば、他の人がしてしまうこともあります。そのときは、お客さんが優先です。濡れないように、濡れていれば濡れた部分を拭くようにしなければいけません。自分のことは一番最後です。

このとき、名刺に関しては問題なかったのですが、その下にある名刺入れがびしょびしょになっていることがあります。中に水がしみこんで、もらったもの、これから渡そうとするもの、すべてが濡れてしまっていることがあります。渡そうとするものはもちろん使えません。オフィスにおいてもあることなので、水濡れに強いものを用意しておきたいです。革のものも良いですが、水に強いとしたら合成皮革のもののほうが良いことがあります。

イチオシサイト