このサイズが便利!オフィスで使用する名刺入れ

オフィスで机の上にもらった名刺を名刺入れの上に置くとき

名刺交換をするシーンとしては、まずは立ったままのことがあります。外出先でそのような人と会った場合であったり、展示会や、セミナーなどの会で多くの人と交換をする場合に多いかもしれません。このときは、挨拶のようなものになります。もらった名刺に関しては、適切にしまうようにします。そのまま分かれることもあれば、商談の場所に向かうこともあります。商談を持ちかける立場の場合もあれば、受ける立場の場合もあります。一人の場合もあれば、複数の場合もあります。

オフィスにおいては、もう一つのシーンとして座っている状態から行うことがあります。実際の交換はたって行います。応接室などで一旦座ってから、もしくは座る前に交換することになります。そして、改めて話を進めていくことになります。このとき、名刺はどこに置くことになるでしょうか。目の前に見えるように置くのがマナーといわれていたと思います。さらに注意としては、テーブルにじかに置くかどうかです。何らかのクッションがあればよいです。

そのときによいのが名刺入れになります。そちらを置いて、その上にもらった名刺を乗せるようにします。このとき、不具合が生じることがあります。ふたの部分を上にすると、名刺がきちんと置けないことがあるのです。また、ボタンの金具などが大きくて、ずれ落ちることもあります。これはあまりよくありません。この場合は、ふたの部分を下にしてみます。そうすると裏の平らな部分に置くことができます。直おきするときは断ると良いでしょう。

イチオシサイト